「韓国のインスタントラーメン三種」

コジャレテーラトップページへ

韓国のインスタントラーメン
三種類を食べ比べ

tag: インスタント食品
update:

*鶴橋コリアンタウンにて、韓国のインスタントラーメンを買う


先日コリアンタウンに遊びに行ったのですが。
 → 「2/28。大阪生野(鶴橋)コリアンタウンでお昼ご飯とお買い物しました」


その鶴橋コリアンタウン内にある「とよだ商店」ってお店で買いました。

店舗の広さはかなーり小さいんですけど、でもその狭い範囲に韓国の食材や調味料・お菓子・ジュースなどなど。
沢山の商品が所狭しと並べられていて、見てるだけでも楽しかったです。

買った三種類のインスタントラーメンの写真

左から、

○『マッチャンポン
○『チーズラーメン・オットギ
○『じゃがいもラーメン(カムジャミョン)』



[目次]

*袋の中身はこんなの


(マッチャンポン/旨辛海鮮ちゃんぽん)

マッチャンポンの中に入ってたもの

*麺、粉末スープ、かやく、香味油


ちゃんぽんと書いてあるので太麺だろうな、とは思ってはいた。けれど予想以上の太さ。もう、細うどん並み。

香味油は、ほぼラー油。
色が真っ赤で見るからに辛そう。


(オットギ・チーズラーメン)

オットギ・チーズラーメンの中に入っているもの

*麺、粉末スープ、かやく、チーズパウダー


麺の太さは、日本の平均的なインスタントラーメンと同じくらい。

かやくの中身は、キャベツやにんじん。
チーズパウダーは思っていたより量が多かった。


(じゃがいもラーメン/カムジャミョン)

じゃがいもラーメンに入っていたもの

*麺、粉末スープ、かやく


こちらも日本のと同じくらいの細さの麺。

かやくにはキャベツ・にんじん・しいたけ、などがたぶん入ってました。

*調理したらこんなの


(マッチャンポン/旨辛海鮮ちゃんぽん)

出来上がったマッチャンポン

*粉末スープとかやくと麺。全部同時に沸騰したお湯に入れて五分煮ます。

付け足し具材は、白ネギと冷凍のシーフードミックス(イカ・ほたて)


三つの中では一番辛そうな真っ赤なスープ。
でも韓国ラーメンのイメージってこの色ですよね。


(オットギ・チーズラーメン)

出来上がったオットギ・チーズラーメン

*550mlのお水を沸騰させ、かやく・麺・スープを入れて四分煮込みました。

最後にチーズパウダー掛けたら出来上がり。

付け足し具材はブロッコリー。


チーズパウダーを混ぜ混ぜすると、クリーミーな白っぽい色味のスープになります。


(じゃがいもラーメン/カムジャミョン)

出来上がったじゃがいもラーメン

*550mlの水を沸騰させ、かやくとスープと麺を入れて三分煮込みます。

付け足し具材は、ワカメと白ネギ。


日本のラーメンのスープに一番似てるかな。
透き通った濁りが少ない系のスープです。



*お味の感想1/マッチャンポン(旨辛海鮮ちゃんぽん)


このマッチャンポンは、他の二つと違って日本語表記もちゃんと記載ありの商品。
でも原産国は韓国となってるので、日本向けに作った商品を韓国から輸入したものだと思われます。

で、出来上がったラーメンを見て、まずは麺の太さに驚いた。
うーん、これをラーメンと言っていいもんかどうか……

(うどんじゃないよ、ラーメンだよ)

マッチャンポンの麺の太さをアピール

ただでもラーメンらしからぬ太さを横に置いておけば、『伸びにくく食感がいい麺』と袋に書いてあるとおり、モチモチとしたしっかり食感の美味しい麺。

五分煮込んでもふにゃっとはならなかったし、最後まで伸びること無くモチッと食感で食べる事ができました。


スープに関しては、韓国だしこの赤色だし相当辛いんとちゃうの? と覚悟し気合いを入れてから飲み始めたのですが案外と、と言うか。

あの辛さで有名な ”辛ラーメン” よりはマイルドな辛味だった気がする。

気がする…というのは、辛ラーメンを食べたのがずいぶん前だからです。
でもマイルドとはいえ最初の一口で舌に感じる辛味はそこそこなもの。

だけどそこそこ辛いのが平気な人、まぁ私もその平気な人なのですが、そういうレベルの人にとっては騒ぐほどの辛さじゃないです。

(後乗せの香味油をかけたら、こんなの)

マッチャンポンに香味油のせたとこ

ちなみに香味油と混ざった部分は、二倍ほどの辛さになるので要注意。

そしてスープの味はうっすらとした魚介風味。
例えるならば、キムチチゲのスープを薄めたような味でした。


食べ終えた感想としては。

個人的にはもうちょっと魚介風味が強い味のものが好み。
なので、美味しくは食べられるけど、また買いたくなるほど凄く美味しい! ってほどでは無かったです。

値段も高めだし、これなら辛ラーメンを買った方がいいかな。

*お味の感想2/オットギのチーズラーメン


これは、お店の店頭に書いてあった『売り上げ人気ランキング』で一位だったラーメン。
私は韓国ラーメンの知識ゼロだったもんで、一位なら失敗はないだろ…という安易な理由で購入。

(これが人気の素のはず。チーズパウダー)

オットギ・チーズラーメンのチーズパウダー

まず辛さの確認ってことで、チーズ入れる前のスープを一口。
あれ、あんまり辛くない。

日本で売られているピリ辛ラーメン位の程よい辛さで、スープをゴクゴク飲んでも喉が傷まない。
かなり控えめな辛味なので、日本人相手に伝える時でも「ピリ辛だよ」で問題ない辛さレベル。

ただし、これっといった珍しい特徴などは無く。
あといわゆる出汁の風味ってのが薄いので、コクもあまりないと思う。

ただ後がけのチーズパウダーが濃いめな味なんで、実はこれくらいで丁度いいのかなー。
ここら辺はもう好みの問題になってきますが。

(振っても振ってもチーズが出てくる。気づけばこんもりなチーズ山が発生)

ラーメンにチーズパウダーを掛けたもの

チーズパウダーの色味は、チェダーチーズっぽいオレンジ色。
匂いや味は、パルメザンとかチェダーとかのナチュラルチーズな風味ではなく・・・うまい棒チーズ味の風味。

で、このチーズパウダーは簡単に溶けるので食べている内にスープと混ざってきます。
そのせいか、最後の方は辛味が更に控えめに。


食べ終わっての感想は、十代から二十代前半までの子に人気ありそうなジャンクな味だなと。
コリアンタウンには学生ぽい子が沢山いたので、これが人気一番になるのは分かる。

個人的には、うん。
不味くはない・・という消極的な感想しか浮かばなかったんで、リピートはないと思う。

*お味の感想3/じゃがいもラーメン(カムジャミョン)


スープの色からしてそんなに辛そうではないのですが、食べてみてもやはりそんなに辛くはなかったです。

そして韓国ならではの唐辛子の辛さじゃなくて、胡椒っぽいスパイスな辛さ。
他にはごま油の風味もあって、前に食べた2つよりスープにコクがあった。

日本のラーメンのスープに例えるなら、どれが一番近いかなーと考えてたんですが。
結果、思いついたのはごまラー油を掛けたときの出前一丁。

似てると思います。

(ジャガイモで作られた麺)

じゃがいもラーメンの麺のアップ

麺がモチモチという話でしたが、ツルツルっとした食感の方が強い気がする。
ただ小麦粉だけの麺よりちょっと透明感があって、噛み切るときの食感には弾力がありました。


まとめ感想としては。

前の2つがイマイチ好みじゃなかったんで、これは消化試合として食べるつもりで期待は全くしてなかったんですよね。
でも、このジャガイモラーメンは麺もスープも美味しかった。

変なクセもないし、日本人が食べやすい味してると思う。
あと、付け足し具材として適当に入れたワカメだったけど思いの外スープに合ってたので、ワカメ入れるのお薦めです。


フェイスブックボタン
ツイートボタン
はてなブックマークボタン

○商品紹介

→ 農心 マッチャンポン 130g

Yahoo!ショッピング

→ オットゥギ チーズラーメン 111g

Yahoo!ショッピング

→ 農心 じゃがいも麺 117g マルチパック(4個入)

Yahoo!ショッピング

 →「韓国インスタントラーメン」を、楽天市場で探す
 →「韓国インスタントラーメン」を、Amazonで探す
 →「韓国インスタントラーメン」を、Yahooショッピングで探す

*商品データ

マッチャンポン(旨辛海鮮ちゃんぽん) マッチャンポンの原材料など<<拡大
購入日 → 
賞味期限
2019.02.28 → 2019.09.14
購入価格 180円(税込)
内容量 130g(めん108g)
メーカー 農心ジャパン
カロリー 569kcal(1食130g当たり)

オットギ(ottogi)チーズラーメンジ オットギ・チーズラーメンの原材料など<<拡大
購入日 → 
賞味期限
2019.02.28 → 2020.01.31
購入価格 120円(税込)
内容量 111g
カロリー 465kcal(111g当たり)

じゃがいもラーメン じゃがいもラーメンの商品詳細など<<拡大
購入日 → 
賞味期限
2019.02.28 → 2019.07.10
購入価格 120円(税込)
内容量 117g
メーカー 農心
カロリー 505kcal(117g当たり)
2019.02.28現在
タグ:[まとめ・比較]
サイトのトップページへ戻るボタン




サイト内の記事検索をする→

新着レビュー

SNS
- Follow me! -

twitterボタン  instagramボタン


ページのトップへ戻る