カルディ「トルンスキー ピェルニキ」

コジャレテーラトップページへ

カルディ
「コペルニク トルンスキー ピェルニキ」

tag: 輸入菓子
update:

*カルディで買ったポーランドのジンジャー菓子「コペルニク トルンスキー ピェルニキ」

クリスマス当日の12月25日。
カルディさんの前を通ったらクリスマス商品の半額セールをしていた。

そこそこカルディ好きな関西人としてこれをスルーできるはずもなく。
というわけで。パッケージが北欧ぽくてオシャンティだったコチラを購入しました。

コペルニク トルンスキー ピェルニキのパッケージデザイン

ポーランド・トルン地方名産の伝統菓子



*中身はこんなの


(ハート型のジンジャーブレッド)

コペルニク トルンスキー ピェルニキの見た目の形

伝統菓子の名称は『ピェルニキ』
六枚入りです。


(半分に切った)

コペルニク トルンスキー ピェルニキの切り口

クッキーだと思い込んでいたのでその硬さをイメージして包丁入れたら、全く違うフワッな柔らかい感触が。

改めて袋を確認したら ”ジンジャーブレッド” と書いてあった。思いっきり勘違いしてたようで。


(大きさはこれくらい)

コペルニク トルンスキー ピェルニキを手に持っているところ

重みはなく軽い。

*お味の感想

ジンジャークッキーのしっとりスポンジ版って感じでしょうか。

味はそこらに売ってるジンジャークッキーとよく似ていて、食感は空気を含んだ軽い噛みごたえ。
噛むとネチッとした状態に一瞬なるんですが、口の中にしつこく残ることなくスーッと消えていきます。

和菓子家さんなどで売ってる『丸ボーロ』ってお菓子とよく似た食感ですねー。
あとは、思ってたよりジンジャーの風味は弱いかなぁ。程よいといえば程よいんですけど。

でも表面に付いてる砂糖掛けがいいアクセントになってて歯ごたえがよく、そこは好み。
丸ボーロよりも多少軽い食感なんで、この砂糖掛けが無かったら食べた気しねぇ感が強かったと思う。


(表面のしっかりとした砂糖コーティング)

コペルニク トルンスキー ピェルニキの砂糖コーティングアップ

何枚か食べたあとの感想としては、美味しいけどまぁ普通。
この味ならクッキーの食感の方が好きだし、また食べたいってなる程でもなく。

ただクリスマス時期の季節のお菓子としては買ってもいいかなーと思える値段と味なので、ビジュアル的にもクリスマスパーティー用のお菓子としてはイケてると思った。

だからお呼ばれの手土産になら再購入はアリです。


フェイスブックボタン
ツイートボタン
はてなブックマークボタン

○関連商品紹介

→ ポーリッシュポタリー(ポーランド陶器) ボレスワヴィエツ ティーカップ&ソーサー

Yahoo!ショッピング

 →「ジンジャークッキー」を、楽天市場で探す
 →「ジンジャークッキー」を、Amazonで探す
 →「ジンジャークッキー」を、Yahooショッピングで探す

*「コペルニク トルンスキー ピェルニキ」、商品データ

コペルニク トルンスキー ピェルニキのパッケージ  コペルニク トルンスキー ピェルニキの原材料など<<拡大
購入店 カルディ
購入日 → 
賞味期限
2019.12.25 → 2020.08.02
購入価格 213円 → 106円(税込)
名称 洋菓子
内容量 120g
原産国 ポーランド
カロリー 352kcal(100g当たり)
原材料名 砂糖、小麦粉、ライ麦粉、グルコースシロップ、粉末卵、香辛料、食塩/カラメル色素、膨張剤、増粘剤(アラビアガム)、pH調整剤
2019.12.25現在
タグ:[カルディ][おやつの時間]
サイトのトップページへ戻るボタン


「歯ごたえと苦みが美味しい。カルディの「コーヒースティックパイ」」



サイト内の記事検索をする→

こちらの記事もどうぞ

SNS
- Follow me! -

twitterボタン  instagramボタン


ページのトップへ戻る