インペリアルチョコレートチップス

コジャレテーラトップページへ

「インペリアルチョコレートチップス」

tag: 輸入菓子
update:

*ベルギー王室御用達「インペリアルチョコレートチップス」は、1粒がとても小さかった

お店で加工される前の、原料チョコレート。
パンフレットに書かれてたその宣伝文句に興味をもったんで、値段は高めだけど買ってみようかなとお取り寄せ。

インペリアルチョコレートチップスのパッケージデザイン

(この記事は前サイトから移動したものなので、別のロゴが写真に入っています)


*中身はこんなの


(袋の中身全部の量)

インペリアルチョコレートチップスの袋の中全部

お皿の大きさは、平均的なケーキ皿サイズ。
その大きさで こんもり少しだけ山が出来た。


(近くでみたチョコレートたち)

インペリアルチョコレートチップスの中身

ダーク・ミルク・ホワイト、三種類のチョコ。

マーブルチョコよりも一回り小ぶりで、厚みのない平たさ。

内容量は80g。

ちなみにスーパーとかで売ってる、明治とかの板チョコがだいたい60~70g。
形が違うだけで全体の重量的には、あの板チョコより少し多めだなって位の量。

*お味の感想


[ダーク]

苦すぎないし甘さが程よくて、後味が一番よかった。
もう少し甘みを足せば日本の板チョコの味に一番似てくるかも。


[ミルク]

まろやかで甘くミルクたっぷり風味。
コーヒーショップで飲むカフェモカの味っぽい。


[ホワイト]

見たまま思ったとおりのホワイトチョコの味。美味しい。


(コンソメのキューブと比較)

インペリアルチョコレートチップスの大きさ比較

一粒はとっても小さい。


三種類全部のまとめ感想。


加工する前のチョコレートなのですが、普段食べてる板チョコとほぼ同じ味なので加工する必要ある? って言いたい。
トリュフやガナッシュ・ボンボンなどにする前って意味なのかな?

三つともまろやかな口どけで、普通に美味しいチョコだった。
ただ、ベルギー産だからなのか独特の風味が多少あります。

その味の表現はしにくいんだけど、なんていうな~。
変にまろーんっとしたクセがあるんですよ……って、やっぱり全然表現出来ない。

はっきり言えるのは、日本の板チョコの味とは少し違うってこと。
私は平気でしたが、一緒に食べたお友達はその独特のクセが苦手で「不味くはないけど好きじゃない」って言ってた。


あとは値段ですが。
美味しいけど、80gで約400円は高いかもしれない。

この味だったら私がお気に入りの、値段がお安い明治の板チョコで十分な気がする。
だから再購入はないかなぁ。


フェイスブックボタン
ツイートボタン
はてなブックマークボタン

○商品紹介

→ インペリアルチョコレートチップス6袋セット 極上スウィーツ ベルギー産

Yahoo!ショッピング

 →「ベルギーチョコレート」を、楽天市場で探す
 →「ベルギーチョコレート」を、Amazonで探す
 →「ベルギーチョコレート」を、Yahooショッピングで探す

*「インペリアルチョコレートチップス」、商品データ

インペリアルチョコレートチップスのパッケージ  インペリアルチョコレートチップスの原材料など<<拡大
購入店 コープの宅配
購入日 → 
賞味期限
2012.04.30 → 2013.02.27
購入価格 399円(税込)
:別途、宅配料が必要
名称 チョコレート
内容量 ダーク・ミルク 30g
/ホワイト 20g
原産国 ベルギー
製造者 (株)エス・エフ・スピリッツ
原材料名 砂糖、ココアバター、カカオマス、全粉乳、乳化剤(大豆由来)、香料
2012-05-09現在
タグ:[通販・小売店][おやつの時間]
サイトのトップページへ戻るボタン


「洋菓子きのとや、生チョコレートスフレは濃厚だけどシュワッと溶けます」



サイト内の記事検索をする→

こちらの記事もどうぞ

SNS
- Follow me! -

twitterボタン  instagramボタン


ページのトップへ戻る