IKEA「ワイングラス/BARSK」

コジャレテーラトップページへ

IKEA/ワイングラス「BARSK」

tag: キッチン
update:

*使いやすそうに見えたIKEAのワイングラス「BARSK」を買ってみました

IKEAのキッチン用品コーナーでウロウロしてたら見つけたグラス。

IKEA「BARSK(ワイングラス)」のパッケージデザイン

普段の日常使いとして家で使っているグラスは、デュラレックス社のピカルディーというもの。
熱湯・レンジ・冷凍OKのとても丈夫なフランスのグラス。

(うちで使用中のピカルディー)

デュラレックスのピカルディーの紹介

これの小さいバージョンが、カフェのお冷や入れによく使われてる。


ただ容量が250ccという容量でコロンとした形をしているんで、大人には良いのですが手の小さい幼児には大きすぎる。
毎回お子様が両手で抱えるように持つのをみて、危なっかしいなーと思ってました。

だからIKEAでこのグラスを見た時「可愛いし、安いし、アイスも入る。いいサイズ感!」と、悩むことなく購入決定。


*中身はこんなの


(四個入り)

IKEA・BARSKの形状

ワイングラスなんで、短いけど「足」付き


(大きさはこれくらい)

IKEA・BARSKの大きさ

小さめサイズです


そして機嫌良くグラスを並べて撮影をしていた矢先。
どうみても不良品なグラスを一個発見してしまう。

(左側の足下に注目)

IKEA・BARSKの不良品の写真

右の足底はまっすぐ。左の足底は片側がちょっと浮いてる。

この浮きがあるせいでグラスの安定感がなく、少し手が当たるだけでもユラユラと揺れてしまう。

積み重ねができるグラスというのも買いポイントだったのに……

と一人プンプンだったのですが、なぜだろう。
プンプンしつつ、でもまぁ一応だけ…と正常なグラスの上に積み重ねてみたら、なぜか全く揺れない安定感。

どうやらグラスの足底の大きさとグラス内部の底の大きさがほぼ同じ。
なのでグラスの重みもあって、綺麗にフィットした様子。

しかし、積み重ねなんかより使用時の揺れの方が大問題。
これは店舗に持ってったら交換してくれそうですが、家から微妙に遠いIKEAさん。

グラス代299円の四倍近く掛かる交通費を使ってまで交換しには行けねーよっ。


ということで。この不良品は緊急時以外は避けて使うことにし、交換は諦めました。
お店で箱から出して確認すればよかった。

*使ってみた感想

大人からしたら足の部分に小指・薬指を丁度良い感じで引っかけることが出来るので、かなり持ちやすい。

日本酒・ワインなどをチョイ飲みしすいサイズなので、活用しやすいです。
ただ見ての通り厚みがあるガラスなので、薄いガラスの感触でお酒を飲みたい人には向いてないかな。

ワイングラス「BARSK」にお水いれたもの

そして肝心の幼児ですが。
なんというか。

このグラスの形が面白いらしく、無駄に「足」の部分だけを親指と人差し指で持ちたがる。

まぁ持って飲んでる時はそれでもいい。
でも実は、飲む前と飲んだあとの作業の方が幼児には難しいらしく。

もうね。持ち上げる or テーブルに置く瞬間、毎回グラっと傾き、毎回大人焦る、みたいな?
正直、両手でしっかり掴まないと持ち上げられないデュラレックスの方がまだマシだった。


ただ良いところもある。

デュラレックスにジュースを半分の位置まで入れて渡すと、「もっと!」と不満タラタラで文句言われる。
でも「BARSK」ならデュラレックスと同じ量だとしても沢山入ってるように見える。

だから文句言われない。以上。


(結局はこんな使い方、してます)

ワイングラス「BARSK」の使い道


フェイスブックボタン
ツイートボタン
はてなブックマークボタン

○商品紹介(新バージョンだと思う)

→ IKEA 365+ ワイングラス, クリアガラス

amazon.co.jp

 →「IKEAのワイングラス」を、楽天市場で探す
 →「IKEAのワイングラス」を、Amazonで探す
 →「IKEAのワイングラス」を、Yahooショッピングで探す

*「IKEA/BARSK」、商品データ

IKEAのワイングラス・BARSKのパッケージ  IKEA・BARSKの原材料など<<拡大
購入店 IKEA
購入日 2014.11.24
購入価格 299円(税込)
サイズ
/容量
高さ11cm/21cl(210ml)
・実際の使用感では150ml位しか入らないです
内容量 4個
原産国 中国
原材料名 ガラス
2014.11.24現在
タグ:[イケア]
サイトのトップページへ戻るボタン


「しその香りがしっかりありました。業務スーパーの、鶏屋さんの梅しそカツ」



サイト内の記事検索をする→

こちらの記事もどうぞ

SNS
- Follow me! -

twitterボタン  instagramボタン


ページのトップへ戻る