「トリュフ塩ポテトチップス」

コジャレテーラトップページへ

成城石井
「スイートボックス/トリュフ塩ポテトチップス」

tag: 国内菓子
update:

*塩加減は強め。成城石井で買った「スイートボックス/トリュフ塩ポテトチップス」

店内をウロウロしてたら、『数量限定!』というポップスタンドの前に山積みしてたポテチ。

そういやトリュフ塩を使った海外のポテチが一瞬流行ってたような・・と思いだし、一袋買ってみました。


スイートボックス/トリュフ塩ポテトチップスのパッケージデザイン

決して数量限定に惑わされた訳ではありません。


*中身はこんなの


(ギザギザカット。一枚のサイズは少し大きめ)

トリュフ塩ポテトチップスの見た目

トリュフ塩ポテトチップスのアップ写真

製品表面の黒い粒はトリュフです、と袋裏に注意書きが。

ただ、そこまで気になるほど黒粒はついてなかったです。

*お味の感想

トリュフというものは、味では無く香りを楽しむ食材だそうで。

そのかぐわしい香りがこのポテチにどれほど活かされているのかを語れないのは、私がトリュフを食べたことがないから。

しかし感想は必要なので、こんな素人がすいません…と謙虚に袋の中を匂うと、嗅ぎ慣れた揚げ油の香りプラス少し独特な香りが混じってた。
たぶんこれがトリュフの香りだと思われます。


(中身は、こんな形状のポテチがほとんど)

トリュフ塩ポテトチップス、割れている形状のもの

ポテチが割れてる率はかなり高め。丸い綺麗なのは数枚でした。

食感はパリパリではなく、ポリポリ。

歯ごたえはちゃんとありますがどっちかといえば、ポテトフレークを固めて作ったチップスターみたいな食感のチップス。

食べ初めはトリュフ塩がじんわりとにじみ出てきて。そして口の中でポテチが無くなりかけた、その辺りが一番トリュフの風味を感じる気がします。

ついてる塩加減はちょっと強めかな、と。


ただ何も知らされずに食べてたら、何の違和感もなく普通のポテチだと思ってたかもしれない。

味は美味しいですけど内容が値段と比例するモノだとは思えなかったので、お気軽にホイホイ買うおやつにはならないかなーって感想。

でも日常おやつではなく、お客さんが来たときのお酒のアテ用としてなら再購入はアリ。
赤ワインとかが合いそうな味してました。


フェイスブックボタン
ツイートボタン
はてなブックマークボタン

○商品紹介

→ スイートボックス トリュフ塩ポテトチップス 100g

amazon.co.jp

 →「スイートボックスのお菓子」を、楽天市場で探す
 →「スイートボックスのお菓子」を、Amazonで探す
 →「スイートボックスのお菓子」を、Yahooショッピングで探す

*「スイートボックス/トリュフ塩ポテトチップス」、商品データ

スイートボックス/トリュフ塩ポテトチップスのパッケージ  トリュフ塩ポテトチップスの原材料など<<拡大
購入店スーパーマーケット成城石井 ( 公式オンラインショップはこちら→
購入日 → 
賞味期限
2019.03.28 → 2019.07.07
購入価格299円(税抜)
名称ポテトチップス
内容量100g
カロリー531kcal(100g当たり)
原材料名ばれいしょ(遺伝子組み換えでない)、植物油脂、食塩、トリュフ塩シーズニング(食塩・トリュフ)、香料
2019.04.09現在
タグ:[成城石井][お酒のあて]
サイトのトップページへ戻るボタン


「辛さは控えめ。セブンプレミアム/ピリッと辛い明太子味のチーズインスナック」



サイト内の記事検索をする→

こちらの記事もどうぞ

SNS
- Follow me! -

twitterボタン  instagramボタン


ページのトップへ戻る