さっぽろはちみつババロア(カップ)

コジャレテーラトップページへ

もりもと
「さっぽろはちみつババロア
(カップタイプ)」

tag: 生菓子
update:

*何層にも重なってます。もりもとの「さっぽろはちみつババロア(カップタイプ)」

さっぽろスイーツ2011・コンペティション(生洋菓子部門)、でグランプリをとったお菓子。

今回買ったのは通販用にカップ容器に入れて作ったもののようで、グランプリを取った洋菓子の写真ではちゃんとケーキの形をしてました。

もりもと・さっぽろはちみつババロアのパッケージデザイン

(この記事は前サイトから移動したものなので、別のロゴが写真に入っています)


*中身はこんなの


(容器は結構な深さあり)

さっぽろはちみつババロアのデコレーション

薄っすらと上に映ってるのは、ソース。

小さく丸いゼリーが何個か入ってて、蜂の巣風になってます。


(断面)

さっぽろはちみつババロアの断面

何層かになってて、中には、はちみつレモンソース・スポンジ・カットしたパイン・サブレなどが入ってます。

全体的には、市販されてる『はちみつレモン』のジュースに似た香りがする。

*お味の感想

味は、甘酸っぱくて柔らかい優しい甘さ。
シロップ漬けのパインは、ふんわりした食感の中で丁度いい歯ごたえになってます。

間に入ってるであろうサプレもたぶん歯ごたえ要員だったんだろうと思うんですが、解凍してる間にシットリ化してしまいスポンジと同化して存在感が無くなってしまった様子。


(真ん中に見えるのがパイナップルとサブレ)

さっぽろはちみつババロアをスプーンですくったとこ

端の方なのでババロア部分が多め。


あと素材にチーズが入っているおかげか、コクのある仕上がりにもなってました。
ゆっくりと口の中で溶かして食べると、ベイクドチーズケーキみたいな風味もあり。

あとは、食べた後で気付いたのですが半解凍でも美味しくいただけたらしく。
思うに、サブレがヘタってしまったのは解凍時間が長すぎたってのも原因の一つかもしれない。

*まとめ。

このカップ状のものよりグランプリ取った時の生ケーキ状で食べた方が、きっと美味しさも格上なのは否めないはず。
味はともかく食感的には、冷凍から解凍って作業のせいで本来の美味しさが半減してるかもなぁ……と。

だから普通に美味しいけど値段的には安くないな、高かったな…という感じ。
サイズは大きめなので食べ応えはありましたけど、これは店頭で買いたかった……


フェイスブックボタン
ツイートボタン
はてなブックマークボタン

○関連商品紹介

→ グラススイーツ (ei cooking)

amazon.co.jp

 →「morimotoの洋菓子」を、楽天市場で探す
 →「morimotoの洋菓子」を、Amazonで探す
 →「morimotoの洋菓子」を、Yahooショッピングで探す

*「さっぽろはちみつババロア(カップタイプ)」、商品データ

さっぽろはちみつババロア(カップタイプ)のパッケージ  さっぽろはちみつババロアの原材料など<<拡大
購入店 コープの宅配
購入日 → 
賞味期限
2012.05.22 → 2012.06.15
購入価格 630円
:別途、宅配利用料
名称 生菓子(冷凍品)
内容量 178g
メーカー morimoto(もりもと)
原材料名 クリーム(乳製品)、卵、砂糖、牛乳、ナチュラルチーズ、小麦粉(小麦・小麦でん粉)、はちみつ、パインアップルシロップ漬け(パインアップル・砂糖)、バター、レモンソース(水あめ・砂糖・レモン果汁・レモン外皮)、粉糖(砂糖・オリゴ糖)、アーモンドパウダー、レモンジュース、ショートニング、ゼラチン、製菓用ゼリー(オリゴ糖・砂糖・洋酒)、洋酒、ピスタチオナッツ、食塩、糊料(増粘多糖類)、膨張剤、加工でん粉、酸味料、香料、リン酸塩、乳化剤、酸化防止剤(V.E)、着色料(紅花)、V.C、(原材料の一部にオレンジ・大豆・りんごを含む)
2012.05.22現在
タグ:[通販・小売店][おやつの時間]
サイトのトップページへ戻るボタン


「やはり”たかを”の迫力勝ちです。キャラメルコーン/さいとう・たかを&水木しげる」



サイト内の記事検索をする→

こちらの記事もどうぞ

SNS
- Follow me! -

twitterボタン  instagramボタン


ページのトップへ戻る