業務「Rio/カットトマト缶」

サイトタイトルバナー

業務スーパー
「Rio/カットトマト缶」

tag: 食品
update:

*我が家で買う頻度が一番高いトマト缶。業務スーパの「Rio/カットトマト缶」

そこらのスーパーでも百円を切る値段で売られていることが多いトマト缶。

それでも特売時ならともかく常時いつでも78円という業務スーパー価格に勝つところは中々少ないので、業務に行けばとりあえず買いしてしまう物の一つ。

(イタリア産です)

Rio・カットトマトのパッケージデザイン


*中身はこんなの


(缶の蓋を開けたとこ)

缶に入っている状態のRio・カットトマト

少しオレンジがかった赤色。


(中身をだしてみる)

お皿に盛っているカットトマト

質感はモッタリとした、ちょい重い感じ。


(カットトマトはこんな形)

カットされたトマト部分をアップにしてる

スクエア型に小さく切られてる。
大きさは不揃い。

*お味の感想?

私がトマト缶を利用し作る料理は、ミートソースや鶏またはハンバーグのトマト煮くらいで。

お気づきの通り味付けをしっかりするものが多いので、トマトの味が濃いかどうかを気にしたことはあまりなく、トマト缶であればそれでいい。

それくらいの認識で選び買っているので、こだわりは特になく。
だからこの業務さんのトマト缶がどれくらいのレベルのものなのか、については語れないのですが。

(今回はミートソース)

ガラス容器に入ったRio・カットトマトで作ったミートソース

たぶんお高いトマト缶との違いは凄くあるんだろうけど、でも普段使いとしては問題なく美味しく頂けてるので、トマトの甘さや味の濃さがメインな料理でなければこれで十分なんじゃ? とか思っております。

ちなみに、この業務さんのトマト缶は『トマトとトマトジュース』のみの商品。
ただしトマトジュースにある程度の塩分が入ってはいるみたいで、100g当たり0.3gの含有量

(Rioカットトマト缶の栄養成分表示)

栄養成分が書かれているパッケージ部分

カルディさんでお馴染みのラ・プレッツィオーザトマト缶は100g当たり0.02g位みたいなので、業務のは塩分がちょい多め? (※参照ページ →カルディ公式、ラ・プレッツィオーザトマト缶

でもまぁ手元にあった『のりたま』の小袋を見てみたら、一袋2.5g当たり0.22gの塩分量だった。
なのでこの業務の塩分量を気にするかどうかは、あなたの健康状態次第って感じなのでは。うーん難しい。

ということで、はっきりした味の感想はないまま終わります。
イタリアンとか好きな人なら、トマト缶について熱く語れるんだろうなぁ。


フェイスブックボタン
ツイートボタン
はてなブックマークボタン

タグ:[業務スーパー]

○関連商品紹介

→ ドライトマトのパテ パルミジャーノ・レッジャーノを加えて(メゾンボワール)×2個

amazon.co.jp

 →「トマト缶」を、楽天市場で探す
 →「トマト缶」を、Amazonで探す
 →「トマト缶」を、Yahooショッピングで探す

*「Rio/カットトマト缶」、商品データ

Rio・カットトマトのパッケージ  Rio・カットトマトの原材料など<<拡大
購入店 業務スーパー(神戸物産)
購入日 → 
賞味期限
2020.12.19 → 2023.08.31
購入価格 78円(税抜)
名称 トマト・ジュースづけ
内容量 400g/内、固形量240g
原産国 イタリア
商品名 Rio/Cubettato DI POMODORO in succo di pomodoro
カロリー 20kcal(100g当たり)
原材料名 トマト、トマトジュース
2020.12.19現在


「極大粒大豆100%使用。成城石井で買った、保谷納豆/つるの舞」


食品』の関連記事

最新記事一覧


サイト内の記事検索をする→

SNS
- Follow me! -

twitterボタン  instagramボタン