業務スーパー「小籠包」

コジャレテーラトップページへ

業務スーパー
「小籠包」

tag: 冷凍食品
date:

*軽い食事としても活躍しそう。業務スーパーの冷凍「小籠包」

お店でパッケージを見て、美味しそうに見えたので購入。

こういう冷凍食品って電子レンジでチンとか、単に焼く・揚げるという調理方法がほとんど。
だから油断して売り場で確認しなかったのですが、家に帰って裏面を見たらこれは「蒸し器で蒸す」というものだった。


業務スーパーの「小籠包」のパッケージデザイン

一応フライパンで焼く ”焼き小籠包” という調理法も載ってるのですが、蒸した小籠包を食べたい場合は ”蒸し器の機能をもった調理器具” を持ってないと無理めです。



*中身はこんなの


(蒸す前は、コロンとした形をしてます)

冷凍・小籠包を蒸す前

(蒸したもの)

冷凍・小籠包の出来上がり

蒸すと大きさが2倍になり、スープでタプタプ状態に

説明書きに強火で10分蒸すとあり「長いこと蒸すんだな」と思ったのですが、10分蒸しても激熱とかでは無く食べるに丁度よい温度。
ただ冷めるのはかなり早かったので、食べる直前に蒸し上げる方が美味しく食べられます。


(蒸す前の大きさは小さい)

冷凍・小籠包の大きさはこれくらい

サイズが小さいので蒸し器に沢山入れてしまいそうになりますが、蒸すとかなり膨らむので余裕をもって少なめに置く方が無難。

*お味の感想

皮は粘りがあるというかモチっとしてて、ツルっというよりはしっかりとした生地。

中のスープは生地から透けて見える位入ってるんで蒸すと一個に重みがでて、お皿に移そうと箸でつまむと皮がビニョーンと伸びる。
つまむコツを掴んでなかった最初の1個は皮が破けてしまい、もったいなくも破損してしまった。

中に入っているスープはワンタンスープの味に似てて油分は多め。
結構、脂っこかったです。


(小籠包の中身はこんな風)

冷凍・小籠包の中の具材

具のお肉は、肉まんの中に入ってる物のような練り混ぜてシットリしたのではなく、ミンチ肉とネギを軽く混ぜて固めた状態のもの。
小籠包のタネというよりは単なる肉の塊っぽく、噛むとホロッと崩れる感じ。

しょうゆ・黒酢を付けても美味しいとも書いてたのですが、そんなの全然要らない位しっかりとした味が付いてる。
あ、でも。黒酢だと脂っこさがサッパリしそうなんで、それはいいかもしれない。

まとめとしては。


調理に手間が掛かるけど「美味しいやーん」という感想。
正確には数えてないけど20個位は入ってたはずなのでコスパも悪くない。

しょっちゅうは無理だけど、間を開けてのリピート購入の可能性は大。
ほんと、思ってたより美味しかったです。


フェイスブックボタン
ツイートボタン
はてなブックマークボタン

○関連商品紹介

→ 台北日帰り弾丸旅 食べまくり! 1年12回~このルートで回れば、ムダなくムリなく大充実~

amazon.co.jp

 →「小籠包」を、楽天市場で探す
 →「小籠包」を、Amazonで探す
 →「小籠包」を、Yahooショッピングで探す

*業務スーパー「小籠包」、商品データ

業務スーパー・小籠包の袋  冷凍・小籠包の原材料など<<拡大
購入店業務スーパー(神戸物産)
購入日 → 
賞味期限
2015.03.12 → 2016.02.12
購入価格298円(税抜)
内容量500g
カロリー176kcal(100g当たり)
製造者秦食品株式会社
原材料名豚肉、小麦粉、しょうがペースト、ゼラチン、ねぎ、砂糖、しょうゆ、食塩、牛肉だし、鶏肉だし、ホタテエキス、発酵調味料、こしょう、ごま油、調整ラード、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ソルビトール・ステビア)、酸味料、カロチン色素
2015.03.12現在
タグ:[業務スーパー]
サイトのトップページへ戻るボタン


「成城石井で買った、G.H.クレターズのシカゴクラシック(ポップコーン)を食べた」



サイト内の記事検索をする→

こちらの記事もどうぞ

SNS
- Follow me! -

twitterボタン  instagramボタン


ページのトップへ戻る