Rebel/スプレーホイップクリーム

コジャレテーラトップページへ

業務スーパー
「Rebel/スプレーホイップクリーム」

tag: 冷蔵食品
update:

*フワッと軽い。業務スーパーの「Rebel/スプレーホイップクリーム」

売り場にて冷凍のホイップクリームを買うか、それともこのスプレー式を買うかを散々悩み。
結果、「日持ちがするだろう」という理由でこちらのスプレーホイップクリームに軍配があがる。


業務スーパー「Rebel / スプレーホイップクリーム」のパッケージデザイン

値段は、冷凍のより100円位高いんですけどね。



*「Rebel/スプレーホイップクリーム」の使い方


(絵付きの説明)

Rebel/スプレーホイップクリームの使用方法

まず振ってから、真下に押し出す

ガスで「ちゅうー」と出す形式なので、この中のガスが無くなると中身がまだ残っていてもクリームが出せなくなるみたいです。


(クリームのノズル)

Rebel/スプレーホイップクリームの出し口

出し口は、ケーキなどに使うホイップクリームの絞り型と同じ形。

使用するごとにノズルを水洗いしないといけなくて、加えて洗った後の水気もちゃんとふき取る必要があるので結構面倒くさい。

*中身はこんなの


(最初はカフェオレに乗せてみることに)

ホイップクリームを乗せる為のカフェオレ

(使い勝手が下手で、大量に乗せてしまう)

カフェオレにスプレーホイップクリームを乗せたところ

開けたての一番最初にクリームを押し出す時、意外と力が入ります。

だからつい思いっきり押したら、ガスと一緒にクリームがブシュ~!ブシュ! と飛び出してコーヒーに勢いよく入り過ぎ、コーヒーが周りにかなり飛び散った。

なので最初の一押しは捨てる気で、キッチンシンクの中で出すのが無難だと思う。
二回目からはそんなに勢い無く出てくるので大丈夫。

*お味の感想

まずはホイップクリームそのまま…で食べてみたのですが、たくさんの空気を含んでいるフワっとした軽い食感でした。
柔らかいムースを更にフワフワさせた感じで、ジュワーっと口の中で消えていく。


以前アメリカのドラマなどで、このスプレーホイップを直接口の中に出し食べてるシーンを見て「うぇっ」となった思い出があるんですが、 実際に食べてみると「うん。あの食べ方は普通に出来るわな」と納得。

そんくらい軽いし、すぐに消えていく食感なんですよね。
だからコーヒーとか温かいものに乗せるとすぐに溶けはじめるので、ちょっと物足りない。


(ジワーと溶けてます)

ホイップクリームのが溶けるところ

ケーキのデコテーションには向いてません。との事ですが、確かにこれは向いてないなと。

形の維持が短時間しかできず、しばらくすると液状になってしまう。
だからデコレーションすると後々のビジュアルがかなり悪くなる。

これはアイスとかイチゴとか、カップケーキとか。
トッピングしてすぐに食べるようなものに向いてます。


でも味にミルク感はしっかりとありましたし甘さも程良いので、クリームのちょっと使いをこまめにする人には便利な商品。

個人的にはもう少し硬い食感のホイップクリームが好きなんで、これはもう買わないだろうな~と思います。
ふわふわなホイップが好きな人にはオススメ。


フェイスブックボタン
ツイートボタン
はてなブックマークボタン

○商品紹介

→ ベルギー Rebel スプレー ホイップクリーム 250g×2本組

amazon.co.jp

 →「スプレーホイップ」を、楽天市場で探す
 →「スプレーホイップ」を、Amazonで探す
 →「スプレーホイップ」を、Yahooショッピングで探す

*「Rebel/スプレーホイップクリーム」、商品データ

業務スーパー・スプレーホイップクリームの缶  Rebel/スプレーホイップクリームの原材料など<<拡大
購入店業務スーパー(神戸物産)
購入日 → 
賞味期限
2015.03.12 → 2015.05.10
購入価格275円(税抜)
内容量250g
原産国ベルギー(Rebel)
カロリー296kcal(100g当たり)
原材料名クリーム(乳製品)、脱脂粉乳、砂糖、亜酸化窒素、乳化剤、安定剤(カラギナン)、香料
2015.03.12現在
タグ:[業務スーパー][パンのお供]
サイトのトップページへ戻るボタン


「業務スーパーの冷凍チューロス(チュロス)は、お値段以上の味でした」



サイト内の記事検索をする→

こちらの記事もどうぞ

SNS
- Follow me! -

twitterボタン  instagramボタン


ページのトップへ戻る